商品と交換

災害時に活用できるツールをご紹介!防災特集

公開日:2017/4/ 7
災害時に活用できるツールをご紹介!防災特集

日本が地震大国であることは、よく耳にしたことがあるかと思います。実は日本は、大きな地震の発生が多いことも特徴で、全世界で発生したマグニチュード6以上の地震のうち、5回に1回は日本で発生しているというデータもあります。

 

そんな大地震のリスクが高い日本ではありますが、普段はそのリスクを気にせず生活をしている方が大半だと思います。しかし、いざ災害に巻き込まれた場合、まずはどうしたらいいのでしょう?安全な避難場所にたどり着くことはもちろん大事ですが、家族や友人の安否も一刻も早く知りたいですよね。

 

そこで今回は、そのような安否確認に有効なツールや、いざというときに備えておくべき防災グッズをご紹介いたします。

災害時にはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が役立つことがある

震災が発生した際の安全確認にはどのようなイメージがありますか?災害でネットが使えないのではないか、電話をかけても繋がらなさそう、など、不安が多いと思います。

 

そんなイメージがある中、次のような事例がありました。熊本地震の際、電話回線は停電による基地局トラブルなどがあり繋がりにくかった、との話もありますが、対してインターネット回線には目立った障害はなく、一部のSNSでは連絡が取れたり、安否確認も出来た、という人が意外と多くいました。

 

現在は様々なSNSが普及していますので、災害時の連絡手段としてこれらが活用できると知っていれば、いざという時に慌てず素早く連絡を取ることが出来るかもしれません。

災害時に活用したい各SNSの機能

Facebookの「災害時情報センター」

 Facebookには「災害時情報センター」という機能があります。これは、Facebook上でつながっている友達や家族、知人に以下のことが出来る機能です。

  1. 自分が無事であることを知らせる
  2. 災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認する
  3. 自分がFacebookでつながっている友達の無事を報告する

 

LINEでの安否確認

 LINEでは、大規模災害が発生した際にLINE公式アカウントから全ユーザーにメッセージが届きます。メッセージ内の3つの選択肢から自分の今の状況を選びタップすると、その内容がタイムラインに投稿され、LINEでつながっているお友達に周知出来ます。また、LINE内の友だちの状況を確認することも出来て、素早く安否確認ができる機能です。

 また、トーク画面の「+」マークから「位置情報を送信」を実施すると、自分の現在位置をトークメンバーに送信ができます。

 

このように便利な機能があるSNSですが、その利用で一つ注意したいことは「災害時にはデマ情報も拡散される」ということです。災害時は有益な情報がシェアされることがほとんどですが、しかし、信頼のおける情報元からの発信以外はその正否を疑うなどの姿勢も大事です。

忘れがちな防災グッズも揃えよう!

さて、これまでは災害時のSNS活用方法について紹介してきましたが、いざ災害が発生すると怪我をしたり、ライフラインが途絶えたりといったトラブルに見舞われることが少なくありません。そんなときは、常日頃から備えて置いておいた防災グッズが重要な役割を果たすことも多いものですが、とはいえまだ備えが不十分な方もいることと思います。

 

ということで、オススメの防災グッズを紹介させていただきます!どれもフフルルでポイントと交換できる便利グッズですので、ぜひご覧ください。

 

エイドクルー

エイドクルーには16種類のアイテムが入っており、実用的でボリュームもたっぷりな救急セットです。災害時はこういった救急セットを持ち歩くことで、いざというときに役立ちますよ。

 

FMスリムダイナモライト(スマートフォン充電対応)

電池不要でiPhone・スマートフォンの充電も可能なダイナモライトです。FMラジオも付いています。本体の充電には手回し、USBの2通りが可能です(携帯電話の充電は一部機種には非対応)。これがあれば、家族がバラバラの場所で被災してしまった際に、スマートフォンの充電がなくて連絡が取れず、安否確認が取れないといった心配も軽減出来そうですね。もちろん停電の際にはライトとして大活躍するのでオススメです。

 

ぶり味噌煮・ぶり大根缶詰セット

災害時はライフラインが止まってしまう可能性があるため、こういった缶詰などを非常食として買い置きしておくことも大切です。このぶり味噌煮・ぶり大根缶詰セットは賞味期限が常温3年と非常に長持ちであり、また加熱の必要がないため非常時にも食べられますよ。

 

さて、防災に関して知っておきたいコト、持っておきたいモノを紹介してきましたが、いかがでしたか?いつ発生するのか分からない災害ですが、今回ご紹介したSNSを活用してみたり、防災グッズなどを準備して、いざというときに備えましょう!

 

フフルルでは、紹介した3つのアイテム以外にも防災対策として役立つグッズを揃えてみました。ぜひご覧ください。