商品と交換

バカンスへご招待。フフルルのなつやすみ

公開日:2015/8/ 3
バカンスへご招待。フフルルのなつやすみ

日本と、世界と。夏休みの平均日数

暑い暑い8月を迎えています。小中学生たちは長い夏休みに突入し、宿題に、部活動に追われていることでしょう。学生の夏休みを調べると「二期制」「三期制」や「地域差」「公立・私立」によって若干の違いがあるようですが、たいていの学校では海の日前後に終業式があり、その翌日から夏休みというケースが多いようです。終了は8月第4週いっぱいまで休みが多く、夏休みの平均日数は約40日が一般的です。

 

働くサラリーマン、OLの方々はどうでしょうか。ある企業が社会人の夏休みの動向を調べています。調査結果によると、夏季休暇が「ある」人は全体の約6割でした。今年の夏休みは「まだわからない」という回答が意外と多かったそうです。企業に勤める人は勤務先が夏季休暇の日数を決めることが多く、夏休みにばらつきがあるようです。サラリーマンの平均夏季休暇は6.8日間でした。

 

一方、海外に目を向けてみると、欧州の方は夏の休みをしっかり取るというイメージがありますね。中でもイタリアはバカンスの本場です。イタリアに住む友人に取材してみると、イタリア人の夏休みの平均は3週間前後とのこと。ですが、バカンス前の1週間は、ほとんど仕事が手につかないといった状態で、準備を含めると約1カ月が夏休みのようです。驚きの長さですね。

夏休みに行きたい海外旅行先ランキング

夏休みの定番といえば海外バカンスですね。海外旅行のガイド本を制作している出版社が調べた海外旅行人気ランキングでは、第1位が「台湾」、第2位「タイ」、第3位「アメリカ西海岸」、第4位「フランス」、第5位「イタリア」という順でした。

 

昨年のランキングでは2位だった台湾ですが、今年は首位に。円安やLCCの影響もあり、『近場で安く行ける海外旅行』という手軽さと、地方空港からの発着便が多いことが人気の背景にあるようです。

 

アジアの玄関口、微笑みの国タイも人気。「料理が美味しい」「海が綺麗」はもちろん、『物価が安い』『年中温かい』『交通の便がよい』と高ポイント。

 

近年、人気急上昇のアメリカ西海岸は、ブルーボトルコーヒーをはじめとした西海岸発のカルチャーの影響があるようです。

時間がない。お金がない。でもバカンス気分を味わいたい!

世の中は夏休みモード突入ですが、仕事で夏休みがとれない人、あっても金銭的に余裕のない人もいることでしょう。そこでフフルルが「行ったつもり」を味わえる海外旅行のお土産をご用意しました。世界各国の名品、グルメをセレクト!異国情緒にあふれたアイテムをぜひごゆっくりとお楽しみください。

 

●あなたはどれが好み?5種類の世界の塩を味比べ

「世界の塩巡り」
「世界の塩巡り」

ヨーロッパ、アジア、アメリカ、南米、オセアニアと世界中を網羅した塩の詰合せ。わずかに甘みが感じられ、後をひく奥の深い味わい。料理の味が格段に違ってきますよ。「岩塩」「海塩」「湖塩」の3つの自然塩の味の違いもご堪能ください。

 

●一度食べるとハマル!ポルトガル土産の定番品

「くるみ入りはちみつ」
「くるみ入りはちみつ」

ポルトガルの太陽の恵みをいっぱいに受けたワイルド・ラベンダーのハチミツは、ポルトガルのハイ・クオリティ・ハニーとして、ポルトガル国内はもちろん、世界の高級食材を集めたフォートナム&メイソン・ロンドン店でも販売されています。そのワイルド・ラベンダーのはちみつに、乾燥した大粒のくるみが、ギッシリ!ポルトガルのお土産としても喜ばれる、高品質のはちみつとくるみをご賞味ください。

 

●スコットランドの伝統スイーツで優雅な夏時間を

「ウォーカー スーツケース缶」
「ウォーカー スーツケース缶」

スコットランドで有名なお菓子メーカー「ウォーカー社」のショートブレッド。1世紀を経た今でも変わらない、後世へと想いを繋ぐ名作スイーツです。その伝統の味を、スコットランドのタータンチェックのパッケージに詰めました。可愛いスーツケース缶にミニサイズのショートブレッドとチョコチップショートブレッドの2種類が入っています。