寄付する

先人の知恵を未来に継承する「聞き書き甲子園」

公開日:2013/9/27
先人の知恵を未来に継承する「聞き書き甲子園」

「聞き書き甲子園」は、全国の高校生100名が、森や海・川の「名人」100人を訪ね、一人ひとりから知恵や技術、ものの考え方や人となりを聞き、記録する活動です。
 
名人には、造林手、炭焼き職人、木地師、漁師、海女など、自然と関わるさまざまな職種の方がいます。
 
 
自然と共に生活してきてきた伝統的な暮らしをもう一度見つめ直し、その中から、持続可能な未来を切り拓くためのヒントが得られるのではないか、との想いから、11年前に「聞き書き甲子園」がスタートしました。
 
 
「聞き書き」とは、話し手の言葉を録音し、一字一句すべてを書き起こした後に一つの文章にまとめる手法です。高校生は名人と交わした言葉の一言一句を書き起こし、語り口調を活かしながら作品をまとめます。
 
何度も名人の言葉を聞き直し、書き起こす作業を続けるうちに、高校生は名人の価値観や想いを受け止めていきます。
 
 
「僕らの仕事は、木が教えてくれるんです」
 
「森を育てるのは子供を育てるのと一緒」
 
「人生っちゅうのは一生勉強」
 
 
長い経験を経て生まれた名人の言葉を受け、高校生は自然と「お金」や「便利さ」という物差しだけでは測れない「心の豊かさ」、生活や仕事に対する「誇り」、人と人を繋ぐ「絆」、自然や命を慈しむ「心」、そして、その後の将来を考えるようになったと語ります。
 
「聞き書き甲子園」に参加したことがきっかけで、自分の進路や将来に対する夢をみつけた高校生も大勢います。
 
参加した高校生の声はこちら
 
 
森や海・川の自然と、暮らしとのつながりを、そこに生きる人から直接学ぶことができる「聞き書き甲子園」。皆さんのご支援をお待ちしています。
 
第12回「聞き書き甲子園」の公式サイトはこちら

この商品の提供元はこちら

提供元のページで商品の詳細を見る(外部サイトへ)

聞き書き甲子園

認定特定非営利活動法人共存の森ネットワーク

http://www.kyouzon.org/

聞き書き甲子園
聞き書き甲子園
商品番号 IE1300218
開催期間:
2013年12月16日 10時50分〜
2016年9月30日 23時59分まで
詳しく見る
聞き書き甲子園

認定特定非営利活動法人共存の森ネットワーク

http://www.kyouzon.org/

聞き書き甲子園
商品番号 IE1300218
開催期間:
2013年12月16日 10時50分
〜2016年9月30日 23時59分まで

先人の知恵を未来に継承する

「聞き書き甲子園」は、全国の高校生100名が、森や海・川の「名人」100人を訪ね、一人ひとりから知恵や技術、ものの考え方や人となりを聞き、記録する活動です。 森や海・川の自然と、暮らしとのつながりを、そこに生きる人から直接学ぶことができる「聞き書き甲子園」。皆さんのご支援をお待ちしています。

【注意事項】 ・1ポイント~(1ポイント単位)の寄付が可能です。 ・寄付のキャンセルについては、原則承っておりませんのでご注意ください。 ・会員様からお預かりした寄付ポイントは、1ポイント1円換算で各団体へ寄付されます。 ・寄付は、主催団体(株式会社ネットプロテクションズ)が代表して行います。 ・会員さまの寄付は税制上の「寄付金」として扱うことはできません。 【個人情報の取扱について】 ・お名前、ご住所、電話番号等の個人情報を寄付先に提供することはありません。

会員登録がお済みの方はログインしてください

会員登録がお済みの方はログインしてください